読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくらのぷつぷつが好きじゃない理由

7月に同棲開始して毎日生きてる 実家出るなんて思ってなかったけど 彼氏が親と縁切って 実家売却というえりんぎにとっては面白い出来事が重なって じゃあ一緒に出ると言って同棲を開始した 裁判のこととかで母親と仲悪かったけど 自分で生活するってすごく大変なんだなって思って尊敬ができるようになった 母は高校生の時から親がいなくて全部一人でやってたし えりんぎのいまの年には子供二人を育ててたし かっこいいなってお母さんに思えるようになっていまは仲がいい 法テラスの審査も通って裁判はこれから本格的に始まるからまた母親と仲悪くなると思うけど今回はすぐ仲直りができると思う 実家出るって最高 だって家が綺麗なんだもん お手伝いさん頼んでないのに頼んでる実家より綺麗 幸せ 裁判するとなんで仲悪くなるかというと母親の彼氏がえりんぎにえっちなイタズラをし続けてそれの裁判だから 母とえりんぎお互いの気持ちが通じなくて仲が悪くなります でも家離れてるから怖いものなし 最近えりんぎは風邪をひいて まだ続いてるので家事をあまりできませんが 調子がいい時はバイク乗ってスーパー行って買い物したり日用品買ったりごはんつくったり あたりまえのことが自分にもできるんだと自信がついて いい感じです 精神的の話になるけど 自分でやることに自信がついて 風呂に入れないほどのウツになってません まだ引っ越して1ヶ月たってないからわからないけど 躁でした 最近下がってきて車とバイクの運転の許可がでました 電車もバスも一人で乗れるようになりました 足はまだバタバタしちゃうけど暴れたりはしてません とてもいい感じです 風邪が治ったらもっといい感じです 躁で公共機関乗れないし運転もできないから母親に運転してもらってて えりんぎハウス車がいま無いの その母の彼氏がよく運転しててそれを思い出して気持ち悪いからって母が売っちゃったんだけど えりんぎの躁が少しきっかけになって車買うことになった えりんぎは保険料しか払わないけど。。。 えりんぎの躁のそういう理由があると市から金利が0〜1.5%で借りれるって知って そんな感じです 自分の精神疾患 思ってないけど手帳あるってことはそういうことなんだから認めるけど 国の人に助けてもらって 頑張って生きているんだなって元気な時は思えます 自分も薬飲まなくても平気になったら 手帳を返して 年金も払う側に回って 同じ辛い人を助けたいと思います 気持ち悪いこと言ってるけど ウツじゃない時ってそういうことをたくさん思ったり 草とかお花とか空とか見て 綺麗だなって思って 心のモヤモヤがなくなって身近な幸せを見つけることができます 恥ずかしいから記事を消したらごめんなさい たくさん書きたいことあったからツイッターじゃなくてブログに書きました ブログはたくさん書けるから楽しいです 読んでくれる人もいるので嬉しいです 楽しかった